「チートデイ」がもたらす知らないと損する驚くべきダイエット・筋トレ効果

筋トレ

夏本番へ向けて、ダイエットや筋トレは順調ですか?

「筋トレしても食事制限してもなかなか痩せない、、、」「ダイエットがきつくて継続が出来ない」

こういった悩みもあると思います。

そこで今回はそんな停滞期の方こそ知るべき「チートデイについて紹介します」

ではいきましょう!

そもそもチートデイとは

チートデイとは、日本語に直訳すると「cheat day」つまり「騙す日」ということ意味です。

自分の身体を騙す大幅な変化を加えることによって、理想の身体を作ることを実現する日ということです。

ダイエットをする際に、丸一日大量にカロリーを摂取することによって身体が餓死するのを防ぐ効果があります。

それによってダイエットの停滞期を改善します。

チートデイはダイエットの停滞期に有効

チートデイはダイエットの停滞期に非常に有効な手段です。

停滞期とは

ダイエットや筋トレで急に痩せると、身体が自らを飢餓状態と判断してしまいエネルギーを消費しないように動きだします。

なので、新陳代謝が悪くなり体重が減りにくくなります。

これが約2週間〜1ヶ月続くのが「停滞期」です。

原因は「恒常性維持機能」ホメオスタシス効果によるものだと言われています。ホメオスタシス効果とは、身体が「いつもの身体」を維持しようとしてくれる機能のことです。

これが停滞期にダイエットの効果がでにくくなる理由です。

チートデイのやり方

具体的には、どのようにチートデイをすれば良いのでしょうか?

チートデイの正しいやり方を順序立てて解説していきます。

タイミング

チートデイをいつやれば良いかというと、ずばり「停滞期」です。

そもそもチートデイは停滞期の「飢餓状態と判断して消費カロリーを抑えている」身体をごまかすために、大量の摂取カロリーを摂取するという試みです。

なのでただストレス解消のためにやる訳では、無いのでタイミングを見誤らないようにしましょう。

食事内容

チートデイは基本的に好きなものを食べて良い期間ですが、カロリーのことを考えずに暴飲暴食するのは避けたほうが良いです。

摂取すべきカロリーは

体重×40〜45kcalが目安と言われています。

なので体重75kgの人の場合は75×40〜45kcal=3000〜3375kacalくらいが目安になってきます。

皆さんもこのくらいのカロリーを目安に、摂取しましょう。

そして摂取するメニューですが、食べるべきなのは不足しがちな「炭水化物」です。

普段不足しがちな炭水化物をこの際に補っておきましょう。

頻度

チートデイの頻度は体脂肪率によって変動します。

チートデイの頻度

25%以上:必要なし
20%~25%未満:2週間に1回
15%~20%未満:10日に1回
10%~15%未満:1週間に1回
10%未満:4日に1回

この上の表を参考にしてチートデイを設定してみてください。



チートデイのメリット

チートデイは様々なメリットがあります。

それぞれをみていきましょう。

代謝が良くなる

これが最大のメリットであり、最大の目的です。

チートデイは、上記に記述した「ホメオスタシス」のよって引き起こされる停滞期に身体を騙すことで、代謝を良くするために行なっています。

栄養状態が整う

ダイエットや食事制限をすると、炭水化物や糖質が不足してしまいがちです。

なのでチートデイにはそれらの栄養を補う役割もあります。

私はチートデイには不足しがちな炭水化物を中心に補給しています。

皆さんもチートデイには、不足しがちな栄養を取るようにしましょう。

メリハリが生まれる

普段は食事制限をしている人が、たまにチートデイを入れることによってメリハリが生まれます。

それは食事に関することだけの話ではなく、日常にメリハリが生まれます。

毎日食べていた食事の美味しさは格段に跳ね上がります。空気すら美味しく感じることが出来るでしょう。

チートデイのまとめ

チートデイの凄さが分かったでしょうか?

チートデイは効果的に使えば、かなりダイエットや身体作りに約立つと思います。

何点か気をつけるべきこともあるでしょう。

しかし、タイミング・食事内容・頻度を間違えなければかなり効果的です。

ぜひ皆さんも試してみてください!

皆さんのダイエット・ボディメイクが成功することを心から願っています。



タイトルとURLをコピーしました